成分別や添加物別に洗顔料をランキングしています。
無着色、無香料、無鉱物油、ローヤルゼリー配合、ヒアルロン酸配合、はちみつ配合、イソフラボン配合などの洗顔料をご紹介しています。

成分別洗顔料ランキング

どんな成分で作られているのかによって洗顔料の効果は大きく変わってきます。
人それぞれ肌質や求める洗い上がりは違うので、自分に合った洗顔料を探してみてください。

敏感肌や乾燥肌、ニキビ肌など、肌トラブルを抱えた方に人気なのは、無添加の洗顔料です。
無添加と一口にいっても、無着色、無香料、無鉱物油、オイルフリーまたはノンオイル、パラベンフリー、界面活性剤不使用など詳細を知ることが必要です。

そして、含有される成分で洗顔料を選ぶ方もいます。
ローヤルゼリーやヒアルロン酸、プラセンタ、はちみつやイソフラボン、茶などの植物由来も人気です。
成分によって、保湿や美白、美肌、毛穴のくすみや角栓、角質の除去ができたり、にきび予防ができたりと効果はさまざまです。

洗い上がりの感触にこだわるなら、洗顔フォーム、洗顔ソープ、洗顔クリーム、洗顔パック、洗顔ブラシなど、洗顔料のタイプもこだわりたいところです。
洗顔石鹸なら、たっぷり泡立てて洗顔するととても気持ちが良いです。

クレンジングとしても使える洗顔料やダブル洗顔不要の洗顔料もあるので、使い方にあわせて選ぶのも良いですね。
クチコミや、人気のおすすめランキングを参考にして、無料サンプルやトライアルセットなどを活用して自分にあったスキンケアを見つけましょう。

無添加の洗顔料を使うメリットとは?

■肌に負担が少ない

 

無添加の洗顔料を使う最大のメリットは、肌に負担が少ないことです。
無添加の洗顔料には、肌に刺激となる合成成分や添加物が入っていないものが多いので、肌に負担が少なくて済みます。
無添加の洗顔料の場合、一切の添加物が入っていない、すべて天然の成分で作られた100%無添加の洗顔料もあれば、いくつかの添加物が入っていないというものもあります。
当然ながら、100%無添加の洗顔料が肌への負担が最も少なく、肌に優しいのですが、無添加と表示されているものであれば、そうでないものに比べてはるかに刺激が少ないと言えます。
肌に負担が少ない洗顔料を使えば、肌トラブルが起こりにくく、肌状態を保つことができ、最大のメリットと言えるのではないでしょうか。

 

 

■肌が弱い人でも使える

 

無添加の洗顔料を使うメリットの一つが、肌が弱い人でも使えるということです。
無添加の洗顔料は、肌に刺激となる合成成分や添加物が入っていないものが多いので、肌が弱い人でも肌に刺激を与えずに洗顔することができます。
肌が弱い人と言うと、敏感肌の方はもちろん、乾燥肌の方もそうですが、肌が様々な刺激に過敏に感応してしまい、洗顔料に含まれている添加物によって、肌トラブルを起こしてしまうのです。
しかし、無添加の洗顔料を使うことによって、そのリスクを軽減することができ、安心して使うことができます。

 

また、無添加の洗顔料は、洗浄力が強すぎないので、肌に必要な皮脂を取りすぎることがありません。
肌に必要な皮脂を残しながら汚れを落とすことができるので、肌が乾燥しにくく、それもメリットの一つと言えます。
肌を乾燥から守ることができるのも、無添加洗顔料のメリットと言えるでしょう。

スキンケア関連おすすめ情報

化粧水選びは、化粧水 人気 ランキングの肌質別ランキングがいいですよ
肌質別のクレンジング 人気 ランキングなら、乾燥肌や敏感肌におすすめのクレンジングが分かりますね
クレンジングオイルやクリーム、ジェルなどの売れ筋は、クレンジング ランキングでチェック!
ニキビ肌のあなたは、洗顔料 人気 ランキングで肌質に応じた洗顔料を選びましょう!
混合肌のあなたも、美容液 人気 ランキングを見れば安心して選べます

このページのトップに戻る